もしもドロップシッピングの必要経費 - もしもドロップシッピングで夢の副業生活~目指せ月収20万~


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもドロップシッピングの必要経費

もしもドロップシッピングの必要経費

こんにちは、みかです。

ここ1週間くらい確定申告と格闘していました(;^_^A

個人事業主になって初めての確定申告ということで、
分からないことたくさん!

ようやく本日提出出来たので、ブログを書いています。

今年から個人事業主になる方もいると思うので、
もしもドロップシッピングの必要経費をまとめてみました。



もしも特有の経費


・ドメイン代
・サーバー代
・セミナー参加費
・PPC広告費
・もしもチャレンジ受講料
・アフィリエイトチャレンジ受講料
・もしも大学特待生受講料


交通費


・交通費(DSに関係するもののみ)


消耗品費


・パソコンや周辺機器代
・パソコンソフト代(ドロップシッピングテンプレートなど)
・消耗品代(コピー用紙や文房具など)


事務所関連費(家事按分が必要)


・インターネット接続費
・携帯電話代
・家賃
・電気代
・ガス代
・水道代


他にもまだまだありそうですが、
主なものはこんなものでしょうか。

個人の場合は、自宅を事務所にするケースが多いと思いますが、
家賃や水道光熱費なども経費として認められます。

ただし、家事で使う部分と事業で使う部分をキチンと分け、
事業割合分が経費として認められます。(家事按分)

一般的には仕事部屋の占有面積や使用時間によって、
事業割合を計算することが多いみたいですね。

どこまで認められるかは税務署によって違うみたいなので、
事前に最寄りの税務署に相談すると良いかもしれません。


◆会計ソフトならやよいの青色申告がオススメ!
家事按分も1年分まとめて出来るので楽チンです♪

ホームページ作成ソフト SIRIUS ホームページ作成ソフト SIRIUS
私はこれでプラチナになりました
豪華特典付き!SIRIUSのレビューはこちら


SEOテンプレート KAETEN☆FC2とSeesaa対応 SEOテンプレート KAETEN☆FC2とSeesaa対応
このブログはKAETENを利用しています
SEOテンプレートでライバルに差を付ける!7つの購入特典付き




コメント
非公開コメント

にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ人気ブログランキングへ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © もしもドロップシッピングで夢の副業生活~目指せ月収20万~ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。